トップ / 歯列矯正で内臓に影響も

歯列矯正で内臓に影響も

歯列矯正のよさとは

家族

歯科での矯正は消化吸収が上がる

歯並びが悪いと、歯ブラシの毛が届かない部位が多く存在してしまいます。歯科にて矯正を行うことで、歯ブラシの毛をしっかりと当てて磨くことが可能になるため虫歯や歯周病といった病気を予防することができます。現在、歯が抜け落ちるなどして失ってしまう要因の過半数が虫歯によるものではなく、歯周病によるものです。また、歯並びが良好になると食物をしっかりと噛むということができるようになります。そのため、歯科において矯正を行うと消化吸収が向上します。

歯の矯正は矯正歯科で

歯並びを治したいなら矯正歯科へ行く必要があります。歯並びが悪いのを気にしていて、口を開けて笑うことができなかったり、手で口を隠す人もいますが、そうすると人からあまり良い印象を受けませんし、堂々と歯を出しても、歯並びが悪いと不潔な印象を与えてしまうことがあります。治療では、歯並びが綺麗になるように矯正器具を一定期間の間、取り付けてもらうことになり、矯正器具が取れれば、綺麗な歯並びに生まれ変わっています。

↑PAGE TOP

© Copyright 親子の暮らしに関して考えてみる. All rights reserved.